デバイスセットアップ

このトピックでは、アプリの実行、デバッグ、テストを行うためにOculus Androidデバイスを設定する方法を説明します。現在、Androidを実行するサポートされているOculusデバイスは、Oculus QuestとOculus Quest 2です。

注:Oculus Riftを開発用に設定するには、RiftネイティブSDKドキュメントをご覧ください。

ローカルで開発を開始するには、スマートフォンで、コンパニオンアプリのOculusデバイス用の開発者モードを有効にする必要があります。デバイスを開発者モードにするには、Oculusダッシュボードで開発者組織に所属する(または組織を作成する)必要があります。Windowsで開発する場合は、Android Device Bridge (ADB)を使用するためのドライバーをインストールする必要もあります。

組織への参加または組織の作成

既存の組織に参加するには、次の手順に従います。

  1. 管理者から既存の組織へのアクセスをリクエストする必要があります。
  2. 招待メールが届きます。招待を受け入れると、組織のメンバーになります。

新しい組織を作成するには、次の手順に従います。

  1. https://developer.oculus.com/manage/organizations/create/にアクセスします。
  2. 適切な情報を入力します。

開発者モードの有効化

開発者組織に所属したら、次の手順に従ってデバイスを開発者モードにします。

  1. 開発用に使用するデバイスをオンにします。
  2. スマートフォンでOculusアプリを開き、[Settings (設定)]に移動します。
  3. デバイスをタップして、[More Settings (詳細設定)] > [Developer Mode (開発者モード)]に移動します。
  4. [Developer Mode (開発者モード)]のトグルをオンに切り替えます。
  5. USB-Cケーブルを使用してデバイスをコンピューターに接続し、デバイスを装着します。
  6. デバイスに表示される[Allow USB Debugging (USBデバッグを許可)]、および[Always allow from this computer (このコンピューターからは常に許可)]のプロンプトを承認します。

    [Allow USB Debugging (USBデバッグを許可)]プロンプト

重要

開発者モードは、アプリの実行、デバッグ、テストといった開発アクティビティのためのものです。他のアクティビティによってアカウントが制限、一時停止、または閉鎖される場合があります。詳しくは、Oculus開発者コンテンツガイドラインをご覧ください。

Oculus ADBドライバー(Windowsのみ)のインストール

Windowsのマシンからビルドをプッシュする場合は、Oculus ADBドライバーが必要です。

  1. ドライバーを含むzipファイルをダウンロードします。
  2. ファイルを解凍します。
  3. .infファイルの上で右クリックして、[インストール]を選択します。

完了すると、Android Debug Bridge(ADB)を使用してビルドをデバイスにプッシュできるようになります。